ローコスト住宅で費用を抑えてマイホームを手に入れよう

マイホームの選び方

お家

建売と売建の魅力

鎌倉においても、地震が発生しないとは言い難く、一戸建ての選定では壁量設計による耐震性の確保が第一です。地震力と風圧力は現在の建築基準法で規定され、等級2あるいは3をクリアしている一戸建てが販売されています。しかし、鎌倉の地域の中には、補強されていない中古一戸建ても少なからず売買されています。耐震計算を行い、補強を実施することで倒壊・崩壊しない安心安全な暮らしに直結します。また、鎌倉の不動産には建て売りと売り建て住宅の選定で悩む個人も少なくはありません。土地と建物を購入できる新築・分譲の良さは、間取り・設備・仕様があらかた決まっているため、オプションにこだわりが無ければ、注文住宅よりも安価で一括購入できます。部屋の回遊性や家事動線など、入居後のギャップも未だに見聞きされる内容ですが、最小限のギャップに留めることもできます。何より、更地となる鎌倉の土地の中には、完成までのスケジュールに時間が掛かり、街並みが急速に変化する可能性も大きくなります。建て売りではすぐに入居も可能で、土地と建物がセットになっているのは強みです。また、注文住宅を断念したり、建て売り住宅ではこだわれる部分が少ないことで満足度が低い場合、中間スタイルの一戸建ての選定も得策です。こだわりたい部分の追加・見積もりを取り、標準プランと組み合わせる仕組みです。外壁、玄関ドアや扉、クロスなどのインテリア内装にもこだわりたい場合、販売価格も明示されているため、売り建て住宅も適しています。